パナソニックとJTB、観光分野で包括提携…観光地での自動翻訳機を実証

業界 レスポンス

パナソニックと、JTBは、観光分野での新たな事業創出と商品開発を目指して包括的協業を開始することで合意したと発表した。

協業の最初の取り組みとして、パナソニックが現在、情報通信研究機構(NICT)とともに研究開発を進めている多言語翻訳技術を用いた自動翻訳機の実用化に向け、観光分野での実証実験を7月から開始する。

実証実験には和倉温泉・加賀屋(石川県)、京都ホテルオークラ(京都府)、JPタワー・KITTE内観光案内所シティアイ(東京都)が協力する。ホテル・旅館や観光案内所などの外国人観光客が訪れる窓口に自動翻訳機を設置し、接待業務などで自動翻訳機の有用性確認や、改善点を抽出する。

両社は、訪日外国人観光客が2000万人に達するとみられる2020年に向け、JTBの持つ観光分野での知見やノウハウと、パナソニックの持つICTソリューション技術を組み合わせることで新規事業の創出や翻訳機の商品開発などに反映していく。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ