【リコール】ホンダ CB400SF など37車種2万9000台、火災に至るおそれ

モーターサイクル レスポンス

本田技研工業とタイホンダは6月25日、『CB400スーパーフォア』などのスタータマグネチックスイッチに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『CB1300スーパーフォア』『CB1300スーパーボルドール』『CB400スーパーフォア』『CB400スーパーボルドール』『CB250F』『CBR250R』『CBR125R』『CBR400R』『CB400F』『CB650F』『CBR650F』『CB1300P』『CBR600RR』『CBR600RR ABS』『CRF250L』『CRF250M』『CTX700』『CTX700N』『NM4』『NC750S』『NC750L』『NC750X』『NC700X』『NC700S』『VTR』『VTR-F』『VTRタイプLD』『VT1300CX』『VT1300CS』『400X』『インテグラ』『シャドウ』『シャドウファントム』『シャドウクラシック』『シャドウカスタム』『シルバーウイングGT』『フォルツァSi』の37車種で、2013年10月16日〜2015年6月18日に製造された計2万9232台。

エンジンの始動装置において、スタータマグネチックスイッチの防水用シール剤の充填が不適切なため、シール剤がスタータマグネチックスイッチのヒューズを組付ける端子内部に浸入するものがある。そのため、使用過程で端子内部に浸入したシール剤が軟化してヒューズ端子の接圧が低下し、接触抵抗が増加して発熱し、そのままの状態で使用を続けると、ヒューズ組付部が溶損して導通不良となり、エンストして再始動できない、または、スタータマグネチックスイッチの回路が短絡して火災に至るおそれがある。

改善措置として、全車両、スタータマグネチックスイッチを点検し、良品に交換する。また、ヒューズカプラを点検し、溶損している場合は、ワイヤハーネスを新品に交換する。

不具合は20件、部分焼損事故が1件発生している。市場からの情報により発見した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 改善箇所
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ