【パイクスピーク 15】トヨタ 86、480hpターボ仕様が参戦

新車 レスポンス

トヨタ自動車の米国若者向けブランド、サイオンは6月23日、『FR-S』(日本名:トヨタ『86』)が、6月28日に決勝レースを迎える「第93回パイクスピーク国際ヒルクライム」に参戦すると発表した。

パイクスピーク国際ヒルクライムは、米国コロラドスプリングスで、1916年から開催されており、世界で最も有名なヒルクライムレース。競技は全長20kmのコースを一気に駆け上がり、タイムを競う。

標高はスタート地点が2800mで、ゴール地点が4300m。標高差1500m、コーナー数156、ゴール付近では標高の高さに起因する酸素不足により、パワーが約30%ダウンするという過酷なモータースポーツ。

サイオンはここ数年、パイクスピーク国際ヒルクライムに86で参戦中。今年は「タイムアタック」クラスに、ロバート・ウォーカー選手が操る86で、再び挑む。

86のパイクスピークへの参戦に際しては、GReddy Racingなどがプロジェクトに参画。ギャレット製の大容量ターボチャージャーをはじめ、冷却性能の向上、エンジンコンピュータの変更、軽量化、エアロパーツの追加などのチューニングを実施。燃料はE85に対応させた。最大出力は480hp、最大トルクは49.8kgmを引き出す。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ