中東自動車アフターマーケットに可能性…メッセフランクフルトが日本企業向けにセミナー開催

業界 レスポンス

部品や用品など自動車のアフターマーケット分野に特化した展示会、アウトメカニカを世界各地で主催しているメッセフランクフルトは6月25日、都内で中東自動車アフターマーケット進出セミナーを開催した。

セミナーではまず、アウトメカニカ・ドバイおよび同・ジッダの統括責任者を務めるマハムート・ガジ・ビリコゼン氏から中東の自動車アフターマーケット市場の最新動向が報告された。

それによると「ドバイでの非原油系製品の貿易相額は2014年が3650億ドルで、このうち自動車の部品および用品の金額は121億ドルと、3.3%を占めている」とした上で、「ドバイは小さな都市ではあるが、この金額は非常に大きいものだ」と評価。

さらに「自動車関連の貿易額121億ドルのうち71億ドルが純粋な内需向けで、残りの50億ドルはドバイを経由して周辺国などへ再輸出されている。また完成車を除いた内需向け自動車関連製品の原産国の内訳をみると日本が23%と最も大きくなっている」という。

メッセフランクフルトは2003年からドバイでアウトメカニカを毎年開催。中東およびアフリカ、インド、スリランカ、パキスタンを含む地域で最大の自動車アフターマーケット展示会となっており、今年6月の開催では出展社1882社、来場者3万835人といずれも過去最高を更新した。

アウトメカニカ・ドバイにはデンソーを始めカヤバ工業、日本特殊陶業などが出展しているが、ドバイにおける日本製品のシェアに比べると少数にとどまっているのが現状。実際、デンソーがアウトメカニカ・ドバイに出展したのは2014年からで、しかも中東での展示会の実績は、それまでなかったという。

セミナーに登壇したデンソーのアフターマーケット・空冷事業企画室の山下真平担当次長は「中東での展示会をやったことがなかったうえ、現地法人も設立して間もなかったことから大変苦労した」と振り返りながらも、「治安上問題があったり、入国規制などで訪問が難しい国の取引候補と商談ができたことや、将来投入予定の商品をみてもらい、そのフィードバックを得ることができた」と、出展の手ごたえを語っていた。

メッセフランクフルトはドバイなど中東を始め、北米や南米、欧州、アジアでアウトメカニカを開催し、2016年6月にはイギリス・バーミンガム、ウクライナ・キエフで初めて実施する計画。

  • 小松哲也
  • メッセフランクフルトミドルイーストのマハムート・ガジ・ビリコゼン 氏《撮影 小松哲也》
  • メッセフランクフルト 中東自動車アフターマーケット進出セミナー《撮影 小松哲也》
  • メッセフランクフルト 中東自動車アフターマーケット進出セミナー《撮影 小松哲也》
  • メッセフランクフルト 中東自動車アフターマーケット進出セミナー《撮影 小松哲也》
  • デンソー アフターマーケット・空冷事業企画室 山下真平 担当次長《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ