VW傘下のドイツ商用車 MAN、従業員1800名を削減へ

業界 レスポンス

ドイツの商用車大手で、フォルクスワーゲングループ傘下のMANは6月24日、従業員の1800名の削減計画を発表した。

MANは現在、経営再建に取り組んでいる。これまでにも、様々なコスト削減策を発表してきた。今回は、大幅な人員削減に踏み切る。

MANの発表によると、管理部門で1400名、生産部門で400名の合計1800名を削減するという。

さらにMANでは、生産ネットワークの再構築も図る計画。

MANのCEO、Joachim Drees氏は、「競争環境を改善する必要に迫られている。業務の効率化と工場の柔軟性の引き上げを進めていく」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ