【グッドウッド15】ルマン勝者の 919ハイブリッド も…ポルシェ、レースの伝統アピール

モータースポーツ レスポンス

ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェは6月25日、英国で開幕した「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、『919ハイブリッド』など多くの車両を出展した。

グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードは1993年、マーチ卿がイングランドのウエストサセックス州グッドウッドの広大な邸宅で始めたイベント。世界中から新旧のレーシングカーが集結して、賑わいを見せる。

この英国のモータースポーツの一大イベントにおいて、ポルシェが主役に位置付けたのが、919ハイブリッド。2015年のルマン24時間耐久レースを制した栄光のレーシングカーが、その勝利の感動もさめやらない間に、グッドウッドに姿を現した。

この919ハイブリッド以外にも、モータースポーツの名車が勢ぞろい。1998年の『タイプLMP1-98』をはじめ、1987年の『962』、1981年の『936/81スパイダー』、1971年の『917K』、1973年の『917/30』などを展示している。

もちろん、市販車の展示にも抜かりはない。『ボクスタースパイダー』、『911タルガGTS』、『カイエンターボS』を英国初公開。『918スパイダー』、『911GT3RS』、『ケイマンGT4』は、グッドウッド名物のヒルクライムに出走する。

  • 森脇稔
  • ポルシェ936 81
  • ポルシェ918スパイダー
  • ポルシェ911GT3RSとケイマンGT4
  • ポルシェボクスタースパイダー
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ