つくば市から成田市まで40分短縮…圏央道神崎IC〜大栄JCTの開通効果

社会 レスポンス

国土交通省は、6月7日に開通した圏央道神崎IC〜大栄JCT間の開通効果を公表した。

それによると、常磐道から東関東道がつながったことにより、圏央道の利便性が向上し、交通量も増加している。今回開通した神崎IC〜大栄JCTの交通量は、1日当たり約8400台となっている。

圏央道・稲敷東IC〜神崎ICの交通量は、1日当たり約9300台となり、新路線開通前と比べて272%増となっている。

沿線の道の駅「発酵の里こうざき」では、来場者が2割増加し、地域の観光・レジャー需要にも寄与している。

つくば市の企業から朝日森運輸(成田市)まで輸送時間が一般道経由で約90分かかっていたのが、約50分に短縮されるなど、精密機械などの輸送で時間短縮効果があり、企業活動の効率化に結びついている。また、精密機器の輸送では、高速道路の利用により、振動・揺れが少なくスムーズな輸送が可能になった。

  • 編集部
  • 圏央道神崎IC〜大栄JCT間の開通効果
  • 圏央道神崎IC〜大栄JCT間の開通効果
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ