ルノー・ジャポン、“フレンチイズム”でフランスを知ってもらう

業界 レスポンス

ルノー・ジャポンは、ルノーのグローバルでのブランドスローガン変更に伴い、これまでの“Vis Tes Passion(好きを走れ)”から、世界共通の“RENAULT - Passion for life”としてメッセージを発信していく。ただし、日本語はこれまで同様“好きを走れ”で表現される。

「このPassion for lifeと好きを走れで、お客様の“好き”をサポートするという活動に、今後益々力を入れていきたい」と意気込みを語るのは、ルノー・ジャポン代表取締役社長の大極司氏だ。

しかし、単に“好き”をサポートすることや、ユーザーとのパッションのつながりだけでは他のブランドとの差別化は難しい。そこで大黒氏は、「我々はなぜ日本にルノー車を輸入して販売したいのか。ユーザーに紹介したいのか。そこにもう一度回帰して考え直した」という。

その結果、「我々はフランスを代表する自動車メーカーだという自信を持って、日本の皆さんにもっとフランスのこだわりや、フランスの文化に関するものを紹介していきたい。クルマを通して日本の皆さんにもっとフランスを知ってもらうことを、会社のミッションとしてやっていこうと思っている」と話す。

そこで、「ルノー・ジャポン内部で、“フレンチイズム”という言葉に託し、これから活動を組み立てていこうと考えている」と述べる。

この活動の一環が、フランス映画祭のスポンサーや、それに基づいて作られた特別仕様車『キャプチャーカンヌ』だ。

大極氏は、「これからもルノー・ジャポンは、益々ユーザーに寄り添い、皆さんを楽しく過ごしてもらうような色々な活動、あるいは楽しいクルマをどんどん入れていく予定だ」と今後について語った。

  • 内田俊一
  • ルノー キャプチャーカンヌ《撮影 内田俊一》
  • ルノー キャプチャーカンヌ《撮影 内田俊一》
  • ルノー・ジャポン代表取締役社長の大極司氏《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ