2014年度の国産キャンピングカー出荷台数、4.3%増の4434台…日本RV協会調べ

業界 レスポンス

日本RV協会は、会員のキャンピングカーメーカーおよび販社100社を対象に、「2014年度 キャンピングカー業界の動向に関する調査」を実施、その結果を発表した。

調査結果によると、日本RV協会に所属するキャンピングカー事業者が、2014年に出荷および輸入したキャンピングカーの総台数は4720台、廃車台数は205台であることが分かった。これまでの保有台数、推定8万5200台を加えると、日本国内におけるキャンピングカーの総保有台数は約8万9800台と見積もることができる。

そのうち、国産キャンピングカーの新車の総出荷台数は、前年比0.4%増の4434台。内訳はキャブコンが同29.5%増の1263台、バスコンが同25.9%増の107台と大きく伸びた。一方、バンコンは同4.2%減の1651台、キャンピングカートレーラーも同65.3%減の25台。また、2011年からずっと上昇傾向を示していた「8ナンバー以外」の車両は、同8.5%減の1368台と減少に転じた。

また、キャンピングカーの売上金額合計は、同4%増の322億0661万円。過去最高を記録した前年度の309億7912万円をさらに上回った。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 総保有台数の推移
  • 国産キャンピングカーの生産台数
  • 軽ベースキャンピングカーの生産台数
  • 売上金額の推移
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ