フォード、衝突回避システムをほぼ全車に設定へ…2019年目標

業界 レスポンス

米国の自動車大手、フォードモーターは6月23日、2019年までに衝突回避システムを、グローバル規模でほぼ全車に設定すると発表した。

フォードモーターの研究&技術革新部門は現在、カリフォルニア州のシリコンバレーにおいて、「スマートモビリティ」プランを推進中。これは、コネクティビティや自動運転、ビッグデータの活用などを、次なる段階へと進めるプロジェクトを指す。

同社がスマートモビリティプランで重視しているのは、自動運転の早期の実用化。自動運転は交通事故やそれによる死傷者を減らす目的で、各自動車メーカーを中心に、研究開発が加速している。

今回、フォードモーターは、2019年までに、歩行者検知機能付きの衝突回避システムを、グローバル規模でほぼ全てのフォード車に設定すると発表した。現在は、欧州向けの新型フォード『モンデオ』に用意する。

フォードモーターのグローバル研究開発担当、ラジャ・ネール副社長は、「今後5年間に、ドライバー支援技術を全ラインナップに拡大していく」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ