栗田工業、自動車塗装ブース向け水処理薬品のラインナップを拡充

業界 レスポンス

栗田工業は、自動車工場等の塗装ブースで使用する水処理薬品「クリスタックシリーズ」の新商品4種を開発、国内外の自動車および部品工場向けに本格販売を開始する。

自動車の塗装ブースでは、霧状にした塗料(塗料ミスト)を車体に噴き付けて塗装している。余剰の塗料ミストは、空気を吸引して降下させ、カーテン状に流した水の膜に衝突させることで捕集し、外気への塗料の放出を防ぐ。また、塗料を捕集した水は水処理薬品を添加して塗料を分離することで、循環水として再利用している。

しかし、水処理薬品の効果が不十分な場合、水に捕集された塗料が原因で様々な問題が発生し、塗装不良や生産ライン停止、総合排水処理への負荷増大など、重大なトラブルにつながるという。

新シリーズは、同社従来商品と比べ油性塗料に対する不粘着効果や水性塗料に対する塗料捕集性能を大幅に向上。薬品使用量を抑えてコストメリットを提供するとともに、より安定的な処理を実現する。また、油性・水性どちらの塗料にも効果を発揮する商品や、小中規模塗装ブース向けの商品なども取り揃え、顧客の課題に幅広く対応する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ