【グッドウッド15】メルセデス AMG A45 にも改良新型、2.0ターボは381hpに強化

新車 レスポンス

メルセデスベンツは6月27日、英国で開催中の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、改良新型『メルセデスAMG A45 4MATIC』を初公開した。

同車は、『Aクラス』の頂点に立つ高性能モデル、『A45 AMG 4MATIC』の改良新型モデル。ベース車両の現行Aクラスがデビュー以来、初の大幅改良を実施。これに合わせて、メルセデスAMG A45 4MATICが同時発表された。

AMGチューンの直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、継続搭載。改良新型モデルでは、さらなる高出力化が図られた。最大出力は381hp/6000rpm、最大トルクは48.4kgm/2250-5000rpm。従来の360hp、45.9kgmに対して、21hp、2.5kgmの強化にあたる。

トランスミッションはAMGスピードシフトDCT-7で、3速と7速のギア比を変更。駆動方式は4WDの4 MATICのAMGパフォーマンス仕様。動力性能は、0-100km/h加速が4.2秒、最高速が250km/h(リミッター作動)。0-100km/h加速は従来比で、0.4秒短縮させた。

内外装は、改良新型Aクラスに準じて、バンパーなどのデザインを変更し、いっそうアグレッシブに進化。大型のルーフスポイラーが新採用されている。

  • 森脇稔
  • メルセデス AMG A45 4MATIC
  • メルセデス AMG A45 4MATIC
  • メルセデス AMG A45 4MATIC
  • メルセデス AMG A45 4MATIC
  • メルセデス AMG A45 4MATIC
  • メルセデス AMG A45 4MATIC
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ