ランボルギーニ アヴェンタドール 最強の「SV」、今度はロードスターに設定へ

新車 レスポンス

イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニが3月、ジュネーブモーターショー15で初公開した『アヴェンタドールLP 750-4 スーパー・ヴェローチェ』。今度は、オープン版の「ロードスター」が登場することが確定した。

これは6月29日、英国で開催中の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、ランボルギーニが明らかにしたもの。同社のステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOは、「アヴェンタドールLP 750-4スーパー・ヴェローチェに、ロードスターを設定する」と発表している。

アヴェンタドールLP 750-4スーパー・ヴェローチェは、『アヴェンタドールLP 700-4』をベースに開発された最強グレード。スーパー・ヴェローチェ(略してSV)は、ランボルギーニの高性能車に冠されてきた伝統のネーミング。

ミッドシップに搭載される6.5リットルV型12気筒ガソリンエンジンは、専用チューニングを実施。最大出力は、プラス50hpの750hp/8400rpmを獲得する。カーボンファイバーの使用により、50kgの軽量化も実現。この結果、0-100km/h加速2.8秒、最高速350km/hの驚異的な性能を達成する。

このクーペボディのアヴェンタドールLP 750-4スーパー・ヴェローチェに、今度はオープン版のロードスターが設定されることが確定。同社のステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOは、「生産台数は500台限定になるだろう」と明かしている。

  • 森脇稔
  • アヴェンタドール LP750-4 Superveloce
  • アヴェンタドール LP750-4 Superveloce
  • アヴェンタドール LP750-4 Superveloce
  • アヴェンタドール LP750-4 Superveloce
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ