スズキ鈴木新社長「“中小企業のオヤジ依存”から脱却」…トップ交代会見

業界 レスポンス

社長交代を行ったスズキの鈴木修会長と鈴木俊宏社長は6月30日夕刻に都内のホテルで記者会見し、新経営体制の狙いなどを語った。

修会長はこのタイミングでの社長人事の理由について、2011年から国際仲裁裁判所で審理が続いている独VW(フォルクスワーゲン)との資本問題の決着が長引いていることを挙げ、「うちの事業計画にも遅れが出るので、これ以上(決着を)待てない」と述べた。同時に「若返りも図りたい」とし、長年の懸案にも取り組む決断だと説明した。

俊宏社長との職務分担については「基本方針は取締役会の会長である私が決めていくが、業務の執行は新社長中心に進めていただく」と述べた。

一方、俊宏社長は「中小企業のオヤジ(=修会長の自称)に依存してきた体質から脱却するには、社員一丸となったチームスズキとしての取り組みが必要となる。社内のベクトル合わせを徹底したい」と、舵取りの抱負を語った。

  • 池原照雄
  • 鈴木俊宏社長《撮影 関航介》
  • 鈴木修会長《撮影 関航介》
  • スズキ臨時取締役会にて新体制が発表された《撮影 関航介》
  • 記者の囲み取材を受ける鈴木俊宏社長《撮影 関航介》
  • 記者の囲み取材を受ける鈴木修会長《撮影 関航介》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ