スバル レヴォーグ、9月に英国導入へ…1.6ターボ搭載

新車 レスポンス

スバル(富士重工)の英国法人、スバルUKは6月29日、『レヴォーグ』を英国市場に導入すると発表した。

レヴォーグは2014年4月、日本国内で発表され、6月から販売を開始。事実上、『レガシィ・ツーリングワゴン』の後継車となる。

欧州では2015年3月、ジュネーブモーターショー15でデビュー。英国市場では9月、『レヴォーグGT』の車名で発売される。

英国向けのレヴォーグGTには、直噴1.6リットル水平対向4気筒ガソリンターボ「DIT」を搭載。最大出力は170psを発生する。トランスミッションは6速リニアトロニック。

スバルUKは、レヴォーグGTを、2003-2008年まで販売された『レガシィ・ツアラー』の後継車に位置付け。スバルUKは、「ボディサイズはレガシィ・ツアラーとほぼ同じだが、室内は広い」と説明している。

  • 森脇稔
  • スバル レヴォーグ(日本仕様)
  • スバル レヴォーグ(日本仕様)
  • スバル レヴォーグ(日本仕様)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ