FCA、欧州投資銀から6億ユーロの融資確保…アルファ の新エンジン生産へ

業界 レスポンス

欧米の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は6月29日、欧州投資銀行(EIB)から6億ユーロの融資を確保した、と発表した。

FCAは今回の融資を、2015-2017年の3年間、グループ全体の研究開発と生産計画に充当する予定。これらの施設は、イタリア国内に存在する。

具体的には、イタリアのトリノとモデナのFCAグループの研究開発部門に投資。先進のエンジンや代替燃料車の開発を強化する。安全性や快適性の向上、新型車台の開発にも充当していく。

さらに、イタリア南部の生産拠点に投資。アルファロメオ車用の燃費効率に優れるガソリン&ディーゼルエンジンの生産に備える。

FCAのセルジオ・マルキオンネCEOは、「この融資は、イタリアとFCAの両方にとって、重要なもの」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • アルファロメオ 4Cスパイダー(参考画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ