極東開発、新型コンクリートポンプ車を発売…中型車ながら大型車並みの吐出能力

業界 レスポンス

極東開発工業は、GVW11トン車に17メートル級のブームを搭載し、大型車並みの最大吐出能力を実現したコンクリートポンプ車「ピストンクリート PY90-17」を開発、7月7日より発売する。

新機種は、機動性の高い中型シャシであるGVW11トン車に、使いやすさを徹底的に追求した17メートル級ブームを搭載したピストン式コンクリートポンプ車だ。

今回新たに、トランスファPTO(動力取り出し装置)を搭載した大容量油圧ポンプを採用。最大吐出量を従来機比約15%アップの90立方米/hに向上。また、メインシリンダのボアアップにより、最大吐出圧も同約73%アップの8.5Mpaに高め、中型車ながら大型車並みの吐出性能を実現している。

価格(税抜・シャシ価格込)は4925万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ