トヨタL&F、小特車仕様フォークリフトに最新クリーンディーゼルエンジンを搭載

業界 レスポンス

豊田自動織機 トヨタL&Fカンパニーは、1.5t〜8.0t積エンジンフォークリフト「新型GENEO(ジェネオ)」シリーズのディーゼル小型特殊自動車(1.5t〜3.0t)に、最新のクリーンディーゼルエンジンを搭載し、7月2日より発売する。

同製品の投入により、1.5t〜8.0t積ディーゼル車の全ラインアップが「国内特定特殊自動車排出ガス規制2014年基準」への適合を完了した。

同社は2014年7月、自社新開発のクリーンディーゼルエンジンを新型GENEOに搭載し、最新の規制適合車として発売。新型GENEOシリーズは、クリーンディーゼルエンジンに加え、ロードセンシング式パワーステアリング、高効率トルクコンバーターを組み合わせることで、世界トップクラスの低燃費・低排出ガスを実現している。

今回、小型特殊自動車仕様にも同エンジンを搭載しモデルチェンジを行うことで、ディーゼルエンジンフォークリフト市場の約9割を占める主力の1.5t〜8.0tクラスにおいて、2014年基準の排出ガス規制適合車をフルラインで取り揃え、多様な顧客ニーズに応えていく。

小型特殊自動車仕様(ディーゼル)車の価格(税抜)は1.5tが297万8000円、2.5tが375万2000円、3.0tが437万2000円など。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ