事故免れようと同乗者に身代わり依頼か...警視庁荻窪署の巡査逮捕

社会 レスポンス

警視庁荻窪署の地域課巡査が追突事故を起こし、発覚を免れようと同乗者に身代わりを依頼した容疑などで逮捕された。

2日、千葉県警船橋署は、同市在住の後藤良弥容疑者(ふみや・21)を、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と犯人隠避教唆の疑いで逮捕した。

千葉県警によると、後藤容疑者は6月11日午前1時02分頃、船橋市東船橋5-6先の路上で追突事故を起こした。後藤容疑者が運転する乗用車が第2車線から第1車線へ移動中、前方で信号待ちをしていた会社役員(37)の車両に誤って追突した。

被害者の男性は、首の挫傷や腰や背中を打撲する軽症だった。

この事故で、後藤容疑者は同乗者に身代わりを依頼。かけつけた船橋署の警察官に虚偽の申告をしたとされる。

後藤容疑者はこの時の運転で飲酒が疑われている。一部報道では、これらについても追求すると報じられたが、今回の発表では、千葉県警は言及していない。

千葉県警の逮捕を受けた警視庁警務部は、こうコメントした。

「職員が逮捕されたことは極めて遺憾であります。今後、千葉県警察の捜査結果を踏まえ、厳正に対処いたしたい」(人事1課長・森元良幸参事官)

  • 中島みなみ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ