安川電機、新形7軸スポット溶接ロボットを開発…自動車ボディに特化

業界 レスポンス

安川電機は、自動車ボディのスポット溶接用途に特化した溶接ロボット「MOTOMAN-VS100」を販売を開始した。

今回開発した溶接ロボットは、自動車製造での自動車ボディ溶接工程で、幅広い設備環境に対応する「新形7軸スポット溶接ロボット」。従来の6軸構造のロボットのLアームの中間にL軸(第2軸)・U軸(第3軸)と同一方向に動作する1軸(E軸)を追加し、Lアーム長可変構造を実現した。これによって以前の6軸構造ロボットに比べてワークに対するUアームの姿勢がコントロールしやすくなり、自動車ボディのスポット溶接で、ツール姿勢動作範囲を拡大した。ワークに対しての接近性が良くなり、省スペースレイアウトを実現する。

今回の7軸構造によってMOTOMAN-VS100は、特に上下方向のツール姿勢動作範囲を拡大した。左右動作よりも上下動作を増やすことで、左右のロボットとの干渉を気にすることなく、高密度なレイアウトが実現する。

ツール姿勢動作範囲の拡大により、スポット溶接可能(面直でのアプローチが可能)範囲が広がり、レイアウト設計の手間を大幅に削減できる。

販売目標は年間2000台。価格はオープン。

  • 編集部
  • 安川電機(WEBサイト)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ