2015年上半期の円安関連倒産、前年比42.3%減の83件…東京商工リサーチ

業界 レスポンス

東京商工リサーチが発表した2015年上半期(1-6月)の「円安」関連倒産は83件(前年度比42.3%減)となった。

2015年の円相場は、1ドル=119円台を中心に一進一退の推移が続いてきたが、6月2日の東京外国為替市場の円相場は、2002年12月以来12年半ぶりに一時、1ドル=125円台をつけた。円安は輸出企業の収益を押し上げる一方で、海外からの輸入に頼るエネルギー、資源、食料品など幅広い分野の物価を押し上げ、中小企業の体力を消耗させる恐れがある。

2015年上半期の円安関連倒産は83件と、前年同期の144件に比べ大幅に減少。昨年後半以降の原油価格下落による燃料、石油化学製品の値下がりなど、経営環境の変化が影響した。

ただし産業別では、運輸業が前年同期比80.0%減(55→11件)と減少が目立ったのに対して、卸売業は同24.1%増(29→36件)と増加が目立った。今後も輸入原材料、商品などを扱う企業の動向が注目される。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ