インフィニティ 世界販売、13%増の10万台超え…過去最高 上半期

業界 レスポンス

日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティは7月2日、2015年上半期(1-6月)の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は、上半期としては過去最高の10万3500台。前年同期比は13%増と伸びた。

市場別では、最大市場の米国が7万台以上と牽引。前年同期比は8%増だった。米国に次いだのは、中国。約1万8900台を売り上げ、前年同期比は36%増と伸びる。

また、欧州と中東、アフリカでは、過去最高の約1万1200台を販売し、前年同期比は7%増。アジアとオセアニアでは、26%増の約2600台を売り上げた。

車種別では、主力セダンの『Q50』(日本名:日産『スカイライン』)が、最量販モデルに君臨。インフィニティは今後、コンパクトカーの『Q30』など、車種ラインナップを拡大していく。

インフィニティのローランド・クルーガー社長兼CEOは、「過去2年間、インフィニティは世界販売の記録を打ち立て、勢いを築いた」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • インフィニティ Q50(日産 スカイライン)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ