ホンダ シビック タイプR 新型、英国で生産開始

業界 レスポンス

ホンダは7月2日、英国スウィンドン工場において、新型『シビック タイプR』の生産を開始した。

新型シビック タイプR は3月、ジュネーブモーターショー15で初公開。新開発の直噴2.0リットル直列4気筒ガソリン「VTEC」ターボを搭載。最大出力310ps/6500rpm、最大トルク40.8kgm/2500rpmを発生する。トランスミッションは、6速MT。0‐100km/h加速5.7秒、最高速270km/hの性能を備える。

新開発の「+R」モードを採用。これは、ステアリングホイールのスイッチ操作によって、サーキットでのパフォーマンスを向上させるモード。スイッチを押すと、エンジンレスポンス、トルク特性、新開発の「アダプティブ・ダンパー・システム」が、サーキット向けの設定に変化する。また、フロントサスペンションには、「ステア・アクシス」を導入。これは、FF大パワー車に起こりがちなトルクステアを、最小限に抑えるシステム。

7月2日、ホンダの英国スウィンドン工場において、新型シビック タイプRの最初の量産車がラインオフ。ボディカラーがレッド、ホワイト、ブルーの3台が、欧州のホンダディーラーに向けて、出荷された。

なお、新型シビック タイプRは、英国スウィンドン工場のみで生産。また、英国スウィンドン工場が、『シビック』の5ドアハッチバックモデルのグローバル中核生産拠点となる。

  • 森脇稔
  • ホンダ シビック タイプR 新型
  • ホンダ シビック タイプR 新型
  • ホンダ シビック タイプR 新型
  • ホンダ シビック タイプR 新型
  • ホンダ シビック タイプR 新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ