【全日本ロード 最終戦】MFJグランプリ、鈴鹿で開催…10月31日・11月1日

モータースポーツ レスポンス

鈴鹿サーキットは、「全日本ロードレース 第9戦 第47回 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿」を10月31日・11月1日に開催する。

日本最速のスプリントライダーを決める全日本ロードレース選手権は、日本国内のサーキットを舞台に、JSB1000、ST600、J-GP2、J-GP3の4クラスを開催する。

JSB1000クラスは、鈴鹿サーキットで幕を明け、開幕戦鈴鹿2&4レースは、津田拓也(スズキ)が制したが、4年連続チャンピオンを目指す中須賀克行(ヤマハ)が、第2戦オートポリス、第3戦ツインリンクもてぎ、第4戦スポーツランドSUGOで3連勝し、ランキングトップに立つ。

現在、ランキングトップの中須賀を、高橋巧(ホンダ)、渡辺一樹(カワサキ)、ジョシュ・フック(ホンダ)、津田の順で追い、逆転チャンピオンを狙う。

この後、2戦を戦い、最終戦となるMFJグランプリでは、2レース開催に加え、最終戦のボーナスポイントも加算されることから、最大で56ポイントが獲得可能。大逆転の可能性を残すため、チャンピオンを狙う各ライダーの戦いに注目が集まる。

前売チケット(2日間)は、1日分のゆうえんちモートピアパスポート付きで大人3600円、小学生3100円など。9月6日より発売を開始する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 中須賀克行(ヤマハ)
  • 中須賀克行(ヤマハ)
  • 高橋巧(ホンダ)
  • 渡辺一樹(カワサキ)
  • ジョシュ・フック(ホンダ)
  • 津田拓也(スズキ)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ