【鈴鹿8耐】前夜祭、RC213V-S/Ninja H2R/YZF-R1M が夢の競演

モーターサイクル レスポンス

鈴鹿サーキットは、7月25日の「鈴鹿8耐前夜祭」および決勝オープニングセレモニー前に、ホンダ『RC213V-S』、カワサキ『Ninja H2R』、ヤマハ『YZF-R1M』の3台によるデモランを実施する。

RC213V-Sは、2013年・14年にチャンピオンマシンを獲得したホンダのMotoGPマシン「RC213V」の一部を変更し、公道走行が可能な仕様としたモデル。前夜祭のデモランは2007年・2011年のMotoGPチャンピオン、ケーシー・ストーナーが担当する。

Ninja H2Rは、スーパーチャージャー付き300psと2輪車としては驚異のパワーを誇り、7月10日販売開始ながらそれ以前に受注終了となったスーパーマシン。YZF-R1Mは、3次元的な車両の動きを検出してエンジン制御コンピューターと連携し、高度な出力制御を行うなど、最高峰技術を集結したMotoGPマシン直系モデルだ。

デモランは7月25日の前夜祭19時15分から19時45分に東コースで、決勝当日のオープニングセレモニー前、9時50分から10時10分にフルコースで開催する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ヤマハ YZF-R1M《画像 プレストコーポレーション》
  • カワサキ Ninja H2R
  • ケーシー・ストーナー《画像 Getty Images》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ