シトロエンの仏工場、累計生産250万台…郵便公社の車両を生産

業界 レスポンス

フランスの自動車大手、PSAプジョーシトロエンは6月30日、フランス・セベルノール工場の累計生産台数が250万台に到達した、と発表した。

セベルノール工場は、およそ10年前に稼働。現在は、主にシトロエンのLCV(軽商用車)、『ジャンピー』を組み立てている。

ここ数年、セベルノール工場の生産台数は、増加。それは、フランス郵政公社の配達車両に、ジャンピーが採用されたため。フランス郵政公社に配達車両をリースするVEHIPOSTE社に、多くのジャンピーを納入してきた。

今回、セベルノール工場の累計250万台目の車両として、ジャンピーがラインオフ。同車のキーが、VEHIPOSTE社の担当者に手渡された。

シトロエンは過去10年間、VEHIPOSTE社と協力。フランス郵政公社向けのジャンピーは、長時間運転しても疲れにくいシートなど、多くの専用装備が導入されている。

  • 森脇稔
  • シトロエン・ジャンピー(セベルノール製)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ