【トライアル世界選手権 第6戦】ラガが完全優勝、ボウは両日とも2位

モータースポーツ レスポンス

トライアル世界選手権シリーズ第6戦・アンドラGPが7月4日・5日、サン・ジュリア・デ・ロリアで開催され、アダム・ラガ(ガスガス)が完全勝利。トニー・ボウ(ホンダ)は両日とも2位に終わった。

決勝1日目は、セクションの難易度が低く、好スコアがマークできる反面、ミスを取り返すのが難しい戦いとなった。極度の緊張を強いられる戦いの中、ボウは第8セクションで2ラップ目と3ラップ目に5点の減点。2位に終わった。

決勝2日目では、セクションの難易度が高まったものの、ボウはラップごとに5点の減点を喫し、1ラップ目から好調のラガをとらえきれず、2位となった。チャンピオンシップでは以前トップのボウは、34ポイントあったラガとの差が28ポイントまで縮まったが、残りはあと3戦。ボウの圧倒的有利は変わらない。

■決勝1日目

1位:アダム・ラガ(ガスガス)

2位:トニー・ボウ(モンテッサ・ホンダ)

3位:ジェロニ・ファハルド(ベータ)

4位:アルベルト・カベスタニー(シェルコ)

5位:ホルヘ・カサレス(ベータ)

6位:ハイメ・ブスト(モンテッサ・ホンダ)

■決勝2日目

1位:アダム・ラガ(ガスガス)

2位:トニー・ボウ(モンテッサ・ホンダ)

3位:アルベルト・カベスタニー(シェルコ)

4位:ジェロニ・ファハルド(ベータ)

5位:藤波貴久(モンテッサ・ホンダ)

6位:ハイメ・ブスト(モンテッサ・ホンダ)

■ポイントスタンディング

1位:トニー・ボウ(モンテッサ・ホンダ)231P

2位:アダム・ラガ(ガスガス)203P

3位:ジェロニ・ファハルド(ベータ)168P

4位:アルベルト・カベスタニー(シェルコ)153P

5位:藤波貴久(モンテッサ・ホンダ)145P

6位:ハイメ・ブスト(モンテッサ・ホンダ)121P

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トニー・ボウ(ホンダ)
  • トニー・ボウ(ホンダ)
  • 藤波貴久(ホンダ)
  • 藤波貴久(ホンダ)
  • 藤波貴久(ホンダ)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ