【WRC】2017年復帰のトヨタ、チーム総代表に豊田章男社長が就任

モータースポーツ レスポンス

トヨタ自動車は7月7日、2017年のFIA世界ラリー選手権(WRC)参戦に向けた推進体制を発表した。

参戦チームの名称は「TOYOTA GAZOO Racing」とし、チーム総代表に豊田章男社長が就任。また、WRCを4年連続で制覇したラリードライバー、トミ・マキネン氏をチーム代表に迎え、2017年の参戦に向けて、参戦車両の開発など推進体制を強化する。

チーム総代表の豊田章男社長は、「普段走る道を舞台に、いかに速く走るかを競うラリー、もっといいクルマをつくりたいと願うトヨタにとって、最高の鍛錬の場だ。中でも、その最高峰であるWRCは、世界の道を知る上で最適な舞台であると考え、トヨタは、その道に再び挑むことを決意した」

「ラリーは、出る人も、見る人も、クルマの楽しさを実感できる競技であり、また、携わる自動車メーカーは、その技術力向上にも繋がっていく競技だ。この素晴らしい競技を守り続けてきた他の自動車メーカー、参加者、競技関係者、そしてファンの皆様に敬意を表しながら、トヨタはラリーに再び挑戦する」と、決意を述べた。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 17年からトヨタは「ヤリスWRC」(右)でWRCにワークスとして復活参戦(左はかつてのワークス機「カローラWRC」)。写真:TOYOTA
  • トヨタ ヤリス WRC《写真 トヨタ自動車》
  • トヨタ ヤリス WRC《写真 トヨタ自動車》
  • ヤリス WRCを試す豊田章男社長動画キャプチャ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ