ボルボ、新チャイルドシートコンセプト発表…助手席レス

業界 レスポンス

スウェーデンの高級車メーカー、ボルボカーズは7月2日、新たなチャイルドシートのコンセプトモデル、「エクセレンス・チャイルドシート」を発表した。

同社は4月、上海モーターショー15において、『XC90』をベースにしたコンセプトカー、「ラウンジ・コンソール」を初公開。助手席を取り払い、後席乗員に最大限のゆとりを提供していたのが特徴だった。

今回発表されたエクセレンス・チャイルドシートは、ラウンジ・コンソール同様、助手席を取り払う。そして、助手席のシートレールの上に、専用の台座を置き、その上にチャイルドシートが固定される。

チャイルドシートは前後スライドと回転ができ、後席乗員と対面になるよう、後ろ向きにすることも可能。角度も調整できる。台座には、大型の収納スペースが設けられた。

ボルボカーズのコンセプト部門で内装のチーフデザイナーを務めるTisha Johnson氏は、「赤ちゃんが乗り降りを楽にできること、乗員と顔を合わせられること、収納が豊富なことの3点のメリットを追求した」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • ボルボのエクセレンス・チャイルドシート
  • ボルボ XC90 エクセレンス(上海モーターショー15)《撮影 吉田瑶子》
  • ボルボ XC90 エクセレンス(上海モーターショー15)《撮影 吉田瑶子》
  • ボルボ XC90 エクセレンス(上海モーターショー15)《撮影 吉田瑶子》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ