ルノーの最上級サルーン、タリスマン 発表…ラグナ 後継車

新車 レスポンス

フランスの自動車大手、ルノーは7月6日、欧州で新型サルーン『タリスマン』を発表した。

現行タリスマンは2012年4月、北京モーターショー12で発表。中国市場におけるルノーのフラッグシップサルーンで、韓国のルノーサムスンが2011年6月に発表した『SM7』と基本的に共通だった。

今回、欧州で発表された新型タリスマンは、ルノーのグローバルDセグメントサルーンとして開発。ルノーブランドにとって、新たな最上級サルーンで、現行の『ラグナ』と『ラティチュード』の後継車となる。

デザインは、最上級サルーンらしく堂々としたもの。フロントは、大型グリルやL字型のデイタイムランニングライトが特徴。ボディサイズは、全長4850mm、全幅1870mm、全高1460mm、ホイールベース2810mm。乗員がくつろげる快適な室内空間が追求された。

欧州向けのパワートレインは、ガソリンとディーゼルの複数ユニット。中でもディーゼルの「dCi」の最大出力110hp仕様では、CO2排出量95g/kmの優れた環境性能を実現している。

  • 森脇稔
  • ルノー タリスマン 新型
  • ルノー タリスマン 新型
  • ルノー タリスマン 新型
  • ルノー タリスマン 新型
  • ルノー タリスマン 新型
  • ルノー タリスマン 新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ