BMW 、エンジン冷却の新技術発表…プロトタイプを公開

業界 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、BMWグループは7月2日、ドイツで先進技術説明会「イノベーションデイズ2015」を開催。「ダイレクト・ウォーター・インジェクション」装着のプロトタイプ車を初公開した。

BMWは3月、ジュネーブモーターショー14において、2015年シーズンの「Moto GP」の公式セーフティカー、『M4クーペ』を初公開。同車に新技術として、「ウォーター・インジェクション」を採用した。

これは、エンジン燃焼室の温度が上がった時、水を噴射して吸気温度を下げるメカニズム。このウォーター・インジェクションを発展させた新技術が、今回発表されたダイレクト・ウォーター・インジェクション。

BMWは『1シリーズ』に、ダイレクト・ウォーター・インジェクションを装着したプロトタイプ車を初公開。エンジン燃焼室の温度が上がった時、水を噴射して吸気温度を下げるメカニズムは、M4クーペのセーフティカーと同様。

違いは、水の補給方法。M4クーペでは、トランク内の容量5リットルの水タンクに、水が減った場合、補給する必要があった。しかし、1シリーズのプロトタイプ車では、減少した水を、エアコン作動時に発生する水で補うシステムを採用している。

  • 森脇稔
  • ダイレクト・ウォーター・インジェクション搭載車のプロトタイプ
  • ダイレクト・ウォーター・インジェクション搭載車のプロトタイプ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ