ホンダ シビック タイプR 新型、さらなる高性能版の可能性も

新車 レスポンス

ホンダが今秋、日本市場に導入する新型『シビック タイプR』。同車に、さらなる高性能版が追加される可能性が出てきた。

これは6月、英国BBC放送の人気自動車番組、『Top Gear』の自動車メディア、『Top Gearマガジン』が伝えたもの。同メディアが新型シビック タイプR の開発責任者、八木主査にインタビューし、その内容を掲載している。

八木主査はインタビューの中で、新型シビック タイプRに、さらなる高性能版を追加する可能性を示唆。ただし、「ドイツ・ニュルブルクリンク北コースでのラップタイムが、破られた場合」と話したという。

新型シビック タイプRは、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースでタイムアタックを行い、7分50秒63を計測。ルノー『メガーヌR.S. 275トロフィー-R』の記録を4秒近く短縮し、量産FF車のニュルブルクリンク最速タイムを打ち立てた。

八木 主査は、「もし、タイプRのタイムが破られた時には、我々は再びニュルに戻り、そのタイムを更新する」と宣言。その手法として、さらなるパワーアップと軽量化が可能なことを明かしたという。

  • 森脇稔
  • 新型 ホンダ シビック タイプR
  • ホンダ シビック タイプR 新型にさらなる高性能版の可能性を伝えた英『Top Gearマガジン』
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ