【パイクスピーク 15】メルセデス Cクラス、ディーゼル搭載車の新記録

新車 レスポンス

メルセデスベンツは6月30日、米国で6月28日に行われる「第93回パイクスピーク国際ヒルクライム」において、ディーゼルエンジン搭載車の新記録を達成したと発表した。

パイクスピーク国際ヒルクライムは、米国コロラドスプリングスで、1916年から開催されており、世界で最も有名なヒルクライムレース。競技は全長20kmのコースを一気に駆け上がり、タイムを競う。標高はスタート地点が2800mで、ゴール地点が4300m。標高差1500m、コーナー数156、ゴール付近では標高の高さに起因する酸素不足により、パワーが約30%ダウンするという過酷なモータースポーツ。

メルセデスベンツは今年のパイクスピーク国際ヒルクライムに、『Cクラスセダン』のディーゼルエンジン車で参戦。「C300d 4MATIC」グレードを投入した。同車は欧州では、「C250d」として販売されている。

このC300d 4MATICが、パイクスピークにおいて、11分37秒のタイムを計測。ディーゼルエンジン搭載車の新記録を打ち立てた。

ダイムラーのメルセデスベンツ乗用車研究開発担当、トーマス・ウェバー取締役は、「C300d 4MATICが、パイクスピークにおいて、スポーティな性能とクリーンな排出ガス技術を実証した」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ