GE、NTTドコモとIoTソリューション事業で提携

業界 レスポンス

GEエナジー・ジャパンとNTTドコモは、業務提携し、GEの産業用機器向けワイヤレスルーター「MDS-オービット」プラットフォームとドコモの通信モジュールを連携した新たなIoTソリューションを提供すると発表した。

今回の提携で、インフラ設備を持つ民間企業や自治体などは、遠隔地の道路や橋梁、プラントや電気・ガス・水道等の設備にドコモの通信モジュールを内蔵したGEのMDS-オービットを設置することで、インフラ設備の温度や振動などの稼働データをリアルタイムに監視できる。

また、MDS-オービットで取得したデータを、ドコモがIoTクラウドプラットフォーム「Toami」上で提供するアプリケーションと連携させることで、利用者はインフラ設備の稼働データをスマートフォンやタブレットを通じて管理し、故障防止に向けた予兆診断、老朽施設の保全に活用できる。

GEが提供するMDS-オービットは、産業用機器のデータ通信を行うための高度なセキュリティ技術と「Class I Division2認証」を受けた堅牢な筐体を採用したワイヤレスルーター。設置場所や地形などの環境に影響されることなく、セキュアな通信が可能となる。

GEは、法人向け機械間通信サービスで運用実績を持つドコモの通信モジュールを、電波状況の確認試験の結果も踏まえて、採用を決定した。

今後、GEとドコモは両社の技術を融合させることでIoTによる価値創造を推進するとともに、幅広い分野でIoTソリューションを展開していく方針だ。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ