欧州 COTY 2016、ノミネート40台…日本車で最多はマツダの3台

モータースポーツ レスポンス

欧州カーオブザイヤー主催団体は7月3日、「カーオブザイヤー2016」のノミネート40台を発表した。日本メーカーからのノミネートとして、10台が選ばれた。

欧州カーオブザイヤーは、今年で29回目。欧州の20か国以上、約60名のジャーナリストが、2014年夏以降にデビューし、2015年内に欧州市場で発売予定の車を含めた新型車の中から、ベストな1台を選出する。

欧州カーオブザイヤー2016のノミネート40台は以下の通り。

●アルファロメオ・ジュリア

●アウディA4

●アウディQ7

●アウディR8

●BMW・7シリーズ

●BMW・X1

●フェラーリ488GTB

●フィアットAegea

●フォード・マスタング

●フォードS-MAX/ギャラクシー

●ホンダ・ヴェゼル

●ホンダ・フィット

●ヒュンダイ・ツーソン

●インフィニティQ30

●ジャガーXE

●ジャガーXF

●キア・オプティマ

●キア・ソレント

●レンジローバー・スポーツ

●マツダ・デミオ

●マツダCX-3

●マツダ・ロードスター

●マクラーレン570S

●メルセデスAMG GT

●メルセデスベンツGLC

●メルセデスベンツGLE

●オペル・アストラ

●オペル・カール

●ルノー・エスパス

●ルノー・カジャール

●ルノー・タリスマン

●シュコダ・スペルブ

●サンヨン・チボリ

●スバル・レヴォーグ

●スバル・レガシィ・アウトバック

●スズキ・ビターラ

●テスラ・モデルX

●トヨタ・ミライ

●フォルクスワーゲン・トゥーラン

●ボルボXC90

例年通り、地元の欧州メーカーが圧倒的多数を占めるとはいえ、日本車も健闘。とくに、マツダは、新型『デミオ』、『CX-3』、新型『ロードスター』の3台がノミネート。これに次いだのは、ホンダとスバル。ホンダは『ヴェゼル』と新型『フィット』、スバルは『レヴォーグ』と『レガシィ アウトバック』の各2台が選出。

一方、前回2台ずつがノミネートされていたレクサスと日産ブランドは、今回はノミネートなしとなっている。

  • 森脇稔
  • マツダ CX-3
  • マツダロードスター新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ