【グッドウッド15】マツダ、歴代ロータリーレーシングカーが走った

モータースポーツ レスポンス

マツダは、6月26日から28日に開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」に参加。『787B』など、歴代ロータリーレーシングカーが華々しい走行を披露した。

今年は、マツダがその年のテーマを象徴する巨大なモニュメント「セントラル・フィーチャー」に取り上げられた。モニュメントの先端にはルマン総合優勝を果たした「マツダ 787B」(レプリカ)と、ドライビングシミュレーションゲーム「グランツーリスモ6」用に公開した「マツダ LM55 ビジョン グランツーリスモ」のフルスケールモデルの2台が飾られた。

セントラル・フィーチャーには、イベント期間中毎日、ヒルクライムコースでの走行を終えた『787B』『787』『767B』『RX-792P』『RX-7 GTO』の5台の歴代マツダロータリーレーシングカーが集結。その誇らかな姿を観客にアピールしていた。ピットに戻る際は、5台のマシンが一斉にエンジンに火を入れ、ロータリーサウンドを響かせ、観客の拍手喝采を受けていた。

また、新型『ロードスター(欧州名:MX-5)』は、毛籠勝弘常務と前田育男デザイン本部長がドライブ。欧州や北米、日本メーカーの最新モデルと一緒に、ヒルクライムコースを走行し、生命感あふれるデザインと活き活きと走る姿に注目が集まっていた。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • アンベール時のセントラル・フィーチャー
  • 青空に映える2台のモデル
  • ヒルクライムコースを走行するマツダ 787B
  • 近くで見るレーシングカーの迫力に圧倒される
  • ヒルクライムコースを走行する新型マツダ ロードスター
  • ピットに並ぶ歴代マツダロータリーレーシングカー
  • ピットに並ぶ歴代マツダロータリーレーシングカー
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ