【全日本MX 第5戦】スズキが今季初勝利、小島庸平選手「スタートで勝利を確信」

モーターサイクル レスポンス

7月4日・5日の2日間、神戸空港開港10周年の記念イベントとして行われた「スーパーモトクロス in 神戸エアポート」。

全日本モトクロス選手権2015の第5戦として開催され、土曜日は1865名、日曜日は4736名が足を運び、合計 6604名の来場者で賑わった。

最高峰クラス「IA1」クラスを制したのは、第1ヒート=2位/第2ヒート=1位で総合1位、今季初勝利となった小島庸平選手だった。

「ヒート2はスタートを決めて絶対に勝つと気合を入れて臨んだ。結果、思い通りのスタートが決まって、その段階で勝利を確信できました」

「コースサイドの応援が走りに伝わり、スズキに今季1勝目をもたらすことが出来たことが何より嬉しい。去年は怪我に苦しめられて、2年ぶりの勝利」

「ランキングも2番手に上がったが、ここで喜ぶわけにはいかない。次は相性の良い藤沢。もちろん両ヒート勝つことが目標です」

と、表彰台の真ん中に立った喜びを口にした。

次戦、全日本モトクロス第6戦 東北大会は、7月19日に決勝レースが行われる。会場は岩手・藤沢スポーツランドだ。

  • 青木タカオ
  • 総合優勝した小島庸平選手。
  • IA1クラス・ヒート2でトップを快走する小島庸平選手(スズキ)。
  • IA1クラス・ヒート2でトップを快走する小島庸平選手(スズキ)。
  • IA1クラス・ヒート2でトップを快走する小島庸平選手(スズキ)。
  • IA1クラス・ヒート2でトップを快走する小島庸平選手(スズキ)。
  • IA1クラス・ヒート2でトップを快走する小島庸平選手(スズキ)。
  • IA1クラス・ヒート2でトップを快走する小島庸平選手(スズキ)。
  • 総合優勝した小島庸平選手。
  • 総合優勝した小島庸平選手。
  • 神戸市中央区空港島の特設コース。
  • 土曜日は1865名、日曜日は4736名が足を運び、合計6604名の来場者で賑わった。
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ