日本通運、カンボジアとの複合輸送サービスを開始…輸送日数を3日短縮

業界 レスポンス

日本通運は、コンテナ1本に満たないカンボジア発、日本向け貨物を運ぶ、複合輸送サービス「ネックスサオ-カンボジアSAT」を開始する。

クロスボーダー陸路一貫輸送により、積み替え時のダメージリスクを低減すると同時に、これまでの混載サービスに比べ輸送日数を3日短縮することが可能となる。

これまで同社のプノンペン=東京間海上混載輸送では、ホーチミン経由とシンガポール経由があり、シンガポール港経由の場合、同港で海上コンテナを一旦開けて、全ての荷物を積み替える作業が必要だった。

今回、カンボジア・ベトナム両国を同一車両で通行できる「ダブルライセンス」取得企業である強みを生かし、積み替え作業なしの陸・海一貫輸送により、海上輸送より早く、航空輸送よりもリーズナブルなサービスを実現する。

プノンペン発日本向け複合一貫輸送は、2014年4月からコンテナ1本単位でサービスを開始した。今回の混載サービス開始により、小口輸送の物流ニーズにも対応する。引き続き、大阪向けに同様の複合一貫混載サービスを予定しているほか、欧米など日本以外の仕向地へのサービス拡充も検討する。

  • 編集部
  • ベトナム国内の日本通運のトラック
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ