【トヨタ シエンタ 新型発表】デザインモチーフはトレッキングシューズ

新車 レスポンス

トヨタ新型『シエンタ』のデザインモチーフは、“トレッキングシューズ”だという。

そう話すのは、トヨタ自動車デザイン本部トヨタデザイン部主幹の郷武志さんだ。「最近は街中でもファッション感覚でお洒落を楽しみながら、トレッキングシューズを履いている方が多く、そのイメージが、シエンタのActive & Fun”というデザインコンセプトに合っていると思い、デザインモチーフにした」と説明。

具体的にはトレッキングシューズのプロテクター部分を、シエンタの黒いガーニッシュで表現した。この黒いガーニッシュの効果について郷さんは、「黄色や緑などのボディカラーが映えるデザインになるのではないかと考えた」とコメント。

更にその効果は低重心に見せるデザイン手法にもつながっている。「ミニバンなので全高が高いにも関わらず、走行性能も良いので、このガーニッシュを車両の低いところに配置をして、背は高いが、低重心で安定した走行性能を感じさせるようなデザイン手法を取り入れた」(郷さん)。

そのほかデザインの特徴として、シート位置がリアに行くにしたがって高くなる“シアターレイアウト”を採用していることから、エクステリアデザインも、「ルーフラインを前傾させ、ベルトラインもウェッジにすることで、少しずつ後ろが高くなるようにして表現している」と話す。

リアが高くなることはウェルキャブ車を作る上でもメリットになった。これまでのウェルキャブ車はルーフ後端を新たに高くするように作り直していた。しかし、シエンタの場合は価格を抑えるために同一ボディを使いながら、ウェルキャブのスロープ車を成立させたのだ。

郷さんによると、「ウェッジルーフの後端が上がっているので、リアゲート開口上部が高くなった結果、スロープ車が成立した。Active & Fun”というデザインコンセプトなので、車いすなどを使っている方も、家族と一緒に外に出たくなるような気持ちになってほしい。そして、出かけた先で家族と同じことをして楽しんでもらうことが理想だ」と語った。

  • 内田俊一
  • トヨタ シエンタ初期スケッチ《トヨタ自動車提供》
  • トヨタ シエンタ《撮影 内田俊一》
  • トヨタ シエンタ《撮影 内田俊一》
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ ハイブリッドG《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ《撮影 内田俊一》
  • トヨタ シエンタ《撮影 内田俊一》
  • トヨタ シエンタ《撮影 内田俊一》
  • トヨタ シエンタ《撮影 内田俊一》
  • トヨタ シエンタ《撮影 内田俊一》
  • トヨタ シエンタ《撮影 内田俊一》
  • トヨタ シエンタ《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ