東レ、自動車向け炭素繊維などGR製品売上高が5655億円…2014年度

業界 レスポンス

東レは、「グリーンイノベーション製品」(GR製品)の2014年度の連結売上高を集計した結果、前年度比22%増の5655億円と、連結ベースで過去最高を更新したと発表した。

現在推進している中期経営課題「プロジェクト AP-G 2016」で掲げた目標値7000億円に向けて確実に成長しているとしている。

2014年度のGR製品は、省エネルギー分野の素材として、軽量化による燃費向上に貢献する航空機用途向け炭素繊維複合材料をはじめ、自動車用途向け高機能樹脂が伸びた。

新エネルギー分野では、昨年新たに東レグループに加わったゾルテックの風車(風力発電用)向けラージトウ炭素繊維、水処理分野では、東レ・ケミカル・コリアの水処理膜が寄与した。環境低負荷な撥水加工や非ハロゲン系の繊維素材も好調だった。

東レは、グリーンイノベーション事業の連結売上高を2016年度に7000億円、2020年に1兆円規模に拡大する目標を掲げている。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ