ミシュラン、インドネシアに合成ゴムプラント建設へ

業界 レスポンス

東洋エンジニアリングとイーカーペーテー(IKPT)は、ミシュランの合弁会社シンセティック・ラバー・インドネシアントベンチャーから、インドネシア・ジャワ島西部チレゴンでの合成ゴムプラント建設プロジェクトを受注した。

新設するプラントでは、ミシュランの技術によるSSBRとポリブタジエンラバーを製造する。合成ゴムの生産能力は年産12万トン。

原料となるブタジエンは、チャンドラアスリの子会社ペトロキミア・ブタジエン・インドネシアから供給され、製造される合成ゴムは主にタイヤの原料となる。

東洋エンジニアリングは、インドネシア国外での調達業務を、IKPTはそれ以外の詳細設計、調達、建設工事一括を各々受注し、2018年にプラントを完工する予定。

東洋エンジニアリングは、チャンドラアスリ向けに、2011年にブタジエンプラント、2013年にエチレンプラントの生産能力増強工事を受注した。これらの実績、プロジェクト遂行上の各種提案が高く評価され、今回受注した。

  • 編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ