ホンダ、アフリカ初の四輪生産工場が稼働開始…ナイジェリア

業界 レスポンス

ホンダのナイジェリア現地法人、ホンダオートモービル・ウエスタンアフリカは、アフリカ初のホンダ四輪車生産工場となる新工場にて、乗用セダン『アコード』の生産を7月10日より開始した。

ホンダは、ナイジェリアで1980年から二輪車の生産・販売を開始。2013年には、ナイジェリアで四輪車事業の現地法人を設立し、輸入・販売を行ってきた。新工場は、既存の二輪車生産工場の敷地内に、四輪車を生産する設備を導入。ナイジェリアの顧客向けに、年間1000台の生産能力で稼働を開始した。

ホンダはアフリカを新成長市場と位置付け、2000年に南アフリカに現地法人を設立するなど、アフリカ南部における二輪・四輪・汎用のビジネス拡大に取り組んでいる。また、アフリカ東部のケニアには2011年12月に四輪車の販売事務所を開設。さらに、2013年3月には、二輪車の生産・販売機能を備えた現地法人を設立するなど、生産・販売体制の強化を図っている。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ