マツダ、タイで新型ピックアップトラック BT-50 の生産を開始

業界 レスポンス

マツダは、タイの車両生産拠点であるオートアライアンス(タイランド)にて、新型ピックアップトラック『BT-50』の生産を7月13日より開始した。新型BT-50は、2015年後半からタイおよび豪州市場より順次導入する予定だ。

BT-50の現行モデルは、モダンで洗練されたフォルムを実現した「アクティブ ライフスタイル ビークル」として2011年に登場。以来、高い走行性能とともに機能的なインテリアやカーゴスペースにより、ファミリーユースやレジャーユースなど、幅広く活用できるクルマとして支持を得ている。

新型BT-50では、現行モデルの高い実用性や、走行性能を継承しながら、新デザインのフロントフェイス、リアコンビネーションランプやアルミホイールなど、従来に増してスポーティで力強い存在感を放つスタイリングへ進化。さらにインテリアの質感も高めたほか、リアビューモニターなどの安全装備を新たに採用した。

なお、パワートレインおよびボディタイプは、現行モデルのラインナップを継承している。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ