VW ティグアン、次世代モデルは大型化へ

新車 レスポンス

フォルクスワーゲンのコンパクトクロスオーバー『ティグアン』の続報を入手。さらに、フルLEDを点灯させる姿を初めてキャッチした。

次世代モデルでは、ホイールベースを延長した7人乗り3列シートモデルが登場することをお伝えしたが、標準モデルも全長を5cm以上延長し、大型化することがわかった。

エクステリアはコンセプトモデル『クロスブルー・クーペ』を基調とした躍動感溢れるイメージが噂されているが、その一部を予感させる薄型LEDヘッドライト部、デイライトバーの点灯も撮影に成功した。

プラットフォーム「MQB」は80kg以上の軽量化を実現させ、エンジンラインナップは1.8リットルTSIガソリン、2リットルTDIディーゼル、プラグインハイブリッドなどが並ぶという。

最新情報によると、ワールドプレミアは2016年以降の可能性もあるという。

  • 子俣有司@アポロニュースサービス
  • フォルクスワーゲン ティグアン スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • フォルクスワーゲン ティグアン スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • フォルクスワーゲン ティグアン スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • フォルクスワーゲン ティグアン スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
  • フォルクスワーゲン ティグアン スクープ写真《APOLLO NEWS SERVICE》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ