ボルグワーナー、レミー社を買収へ…ハイブリッド車用モーター製造

業界 レスポンス

米国の大手自動車部品メーカー、ボルグワーナーは7月13日、レミー・インターナショナル社(以下、レミー社)を買収することで合意した、と発表した。

ボルグワーナーは、自動車用ターボチャージャー製造の大手として知られる存在。また、排出ガスをクリーンにする技術でも世界をリードしている。

レミー社は1986年に設立。ハイブリッド車のモーターをはじめ、オルタネーター、スターターモーターなどを乗用車および商用車メーカーに供給している。本社は米国インディアナ州に置き、世界5大陸10か国に営業所がある。従業員は6600名。

ボルグワーナーは、レミー社を買収することで、エンジンやドライブトレインの燃費効率の引き上げを、さらに促進していく。

ボルグワーナーのジェームズ・ヴェリヤー社長兼CEOは、「レミー社の優秀な人材を歓迎したい。レミー社の製品が、急成長中の電動パワートレイン開発において、ボルグワーナーの地位を強化するだろう」と述べている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ