ENEOSブランド初のフラッシング専用オイルを発売

業界 レスポンス

JX日鉱日石エネルギーは、ENEOS初のフラッシング専用オイル「ENEOSエンジンフラッシングオイル」を7月16日からENEOSサービスステーション(SS)にて発売する。

ハイブリッド車やターボ車(軽自動車)などの低燃費車には、精密化やコンパクト化が進んだエンジンが搭載されており、省燃費性能やエンジン保護性能などを維持するためには、定期的なエンジンオイル交換の際に、エンジン内の汚れたオイルを綺麗に洗い流すフラッシング作業が重要となる。

ENEOSエンジンフラッシングオイルは、フラッシング中にエンジン内部に適切な油膜を保持し、エンジン内のシリンダーやピストン等の金属面を傷めない。また、フラッシング後、少量のフラッシングオイルがエンジン内に残った場合でも、ENEOSオイルの性能を損なわない商品設計となっている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ENEOS サービスステーションイメージ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ