鈴鹿サーキット、夏の2大EV競技を開催…7月31日〜8月2日

モータースポーツ レスポンス

鈴鹿サーキットは、7月31日・8月1日に「ソーラーカーレース鈴鹿 2015」を、8月2日に「2015 Ene-1 GP SUZUKA」、3日間に渡り、2つのEVレースを開催する。

ソーラーカーレース鈴鹿は、1992年に初めて鈴鹿サーキットで開催され、今年で24回目を迎える。 F1などの自動車競技を統括するFIA(国際自動車連盟)公認の国際格式競技で、太陽光を電気エネルギーに換えてモーターの力で走行するソーラーカーを使い、耐久レースを行う。今年は54台が参加を予定しており、うち22台が5時間耐久のクラス、32台が4時間耐久のクラスにエントリーしている。

「Ene-1 GP SUZUKA」は、2011年から始まり今年で5回目。充電式単3電池「パナソニック エネループ」40本をエネルギー源とした車両を使用する。3輪以上のオリジナル車両で鈴鹿サーキット国際レーシングコース・フルコース(5.807km)を走る「KV-40チャレンジ」には89台が、市販の自転車をベースとした2輪車で東コース(2.223km)を走る「KV-BIKEチャレンジ」には20台がそれぞれエントリーしている。

当日は手づくり乾電池教室や、電池で動くロボット作りを体験できるイベントも開催。競技参加者だけでなく、家族でも楽しめるイベントとなっている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • Ene-1 GP SUZUKA
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ