【トヨタ シエンタ 新型発表】ステアリングの上から視認する「ハイポジションコンビネーションメーター」

新車 レスポンス

新型トヨタ『シエンタ』のインテリアデザインコンセプトは、“Seamless Fun-ction”だという。

これは、「機能をデザインでつなぎながら、その機能を人が使いやすいように配置。しかし、そのままではごつごつしたイメージになってしまうので、継ぎ目をなくすようにつなぐことで、シームレスな空間を作った」と話すのは、トヨタ自動車東日本デザイン部第2デザイン室第3デザイングループデザイン調の筈尾佳和さん。

特にインパネのロワー(下)側は、機能で人を包み込むようなデザインにした。そこに対して、「触る必要のない、例えばメーターなどは少し離して配置することで、室内の広さを感じさせている」と筈尾さん。実際のメーターの位置は他車と変わらないものの、インパネのロワーに設置されているカップホルダーなどを手前に配置することで、相対的に奥行き感のあるデザインを成立させているのだ。

更に今回はステアリングの上にメーターが配置されているのも特徴だ。運転中の視線移動を極力少なくしたいという、機能から発生したデザインだ。筈尾さんは、「女性が運転する機会も多いクルマなので、運転に対するストレスをなくしたかった」と採用理由を説明する。

また、これまでのステアリングの中からメーターを視認するのとは違い、ステアリング上方からメーターを視認することから、「ドライバーにとっては新鮮だと思う。これは今までとは違うものをトヨタとして提案したいという想いだ」と筈尾さん。「単にステアリング上方に配置するだけではただの驚きにすぎないが、今回は見やすさという機能を踏まえているので、機能とデザインを両立させたインテリアに仕上がっている」と語った。

  • 内田俊一
  • トヨタ シエンタ《撮影 内田俊一》
  • トヨタ シエンタ《撮影 内田俊一》
  • トヨタ シエンタ《撮影 内田俊一》
  • トヨタ シエンタ《撮影 内田俊一》
  • トヨタ シエンタ X《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ X《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ X《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ G《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ G《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ G《撮影 太宰吉崇》
  • トヨタ シエンタ G《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ