【VW パサート 新型発表】20.4km/Lの低燃費、予防安全機能も大幅強化

新車 レスポンス

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、『パサート』および『パサート ヴァリアント』をフルモデルチェンジし、7月16日より販売を開始する。

8世代目となる新型パサートは、フォルクスワーゲン グループの新しいモジュラー戦略「MQB」に基づいて開発。MQBモデルとして全面的に再設計されたことで、全長はほぼそのまま、ホイールベースは80mm伸長。前後オーバーハングが短くなり、ノーズの比率が長くなったことで、より伸びやかでダイナミックなプロポーションを実現した。

ホイールベースを大幅に延長したことで室内長は33mm拡大。広く快適なキャビンを実現したほか、パサートは586リットル、パサート ヴァリアントは650〜1780リットルというクラストップクラスのラゲージスペース容量を確保した。

搭載する1.4リッターTSIエンジンも、MQB設計の新世代ユニットに進化。アルミクランクケースを採用して重量を削減し、出力、トルクも従来型より28ps、50Nm向上して 150ps、250Nm を発揮する。

軽負荷走行時に4気筒のうち2気筒を休止させるアクティブシリンダーマネジメント(ACT)、スタート/ストップシステムとブレーキエネルギー回生システムからなる「BlueMotion Technology」を全車に採用。高効率の7速DSGとの組み合わせで、20.4km/リットル(JC08モード)の低燃費を実現した。

さらに、追突防止のためのプリクラッシュブレーキシステム、安全な車線移行のためのレーンチェンジアシストシステム、後退時の事故防止のためのリヤトラフィックアラートを全車に標準装備するなど、安全性能も大幅に高めている。

価格はパサートが329万円から460万9800円、パサート ヴァリアントが348万9900円から480万9700円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • VW パサート《撮影 太宰吉崇》
  • VW パサート ヴァリアント《撮影 太宰吉崇》
  • VW パサート ヴァリアント《撮影 太宰吉崇》
  • VW パサート
  • VW パサート ヴァリアント
  • VW パサート
  • インテリアイメージ
  • 純正インフォテイメントシステム “Composition Media”
  • LEDヘッドライト
  • インテリアイメージ
  • 7速 DSGトランスミッション
  • 1.4 TSIエンジンイメージ
  • 電動パノラマスライディングルーフ
  • VW パサート
  • VW パサート
  • VW パサート
  • VW パサート
  • VW パサート
  • VW パサート ヴァリアント
  • VW パサート ヴァリアント
  • VW パサート ヴァリアント
  • 電動パノラマスライディングルーフ
  • VW パサート ヴァリアント
  • ドライバー疲労検知システム“Fatigue Detection System”イメージ
  • ポストコリジョンブレーキシステム イメージ
  • リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能) イメージ
  • レーンチェンジアシストシステム“Side Assist Plus” イメージ
  • レーンキープアシストシステム“Lane Assist” イメージ
  • アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付) / 渋滞時追従支援システム“Traffic Assist” イメージ
  • VW パサート ヴァリアント
  • VW パサート ヴァリアント
  • VW パサート ヴァリアント
  • VW パサート ヴァリアント
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ