ルネサス、R-Car最小サイズのADAS向け開発キットを発売

テクノロジー レスポンス

ルネサス エレクトロニクスは、R-Carでは最小サイズとなる、先進運転支援システム(ADAS)向け開発キット「ADASスタータキット」を発売した。

新製品は、ルネサスの車載情報機器向けSoCのハイエンド製品となる「R-Car H2」を搭載しながら、R-Carの開発キットでは最小となる約10cm×約10cmのサイズを実現しつつ、初期開発に必要となるインタフェース、周辺機能を搭載している。「R-Car H2」はOpenCVのインタフェースに対応した最先端のコンピュータビジョンコア「IMP-X4」、OpenGLESに基づく最先端のグラフィックスコア「G6400」を搭載。「R-Car H2」の性能を活かした3Dサラウンドビュー、スマートカメラ、センサフュージョンなどの各種ADASアプリケーションの開発を手軽に開始することができる。

オペレーティングシステムは、他のR-Car評価ボードでも実績のあるLinux「Yocto Distribution」をサポートする。メイン基板には2GBのDDR3 RAM、64MBのQSPIフラッシュメモリと、マイクロSDカード・スロットを搭載。イーサネットによるカメラ接続や、HDMI出力も搭載する。PCIe等をサポートする拡張コネクタを用いれば、サラウンドビューシステムで必要な4つのカメラ接続やさらなるモニタ出力の追加も可能となる。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ